介護の第一線で働きたい人必見!あらゆる条件の求人を紹介

職業

形にする楽しさ

作業員

住居から公共の施設に至るまで、あらゆるものを建てる建築士の仕事は、欠かせない職業であるのは間違いありません。普段の生活は勿論、ビジネスを遂行するための場を作り出すには、建築士の存在は必要不可欠です。しかも、ただ建物を建てるだけでなく、その地の風土や気候に適した建築物のデザインの創造、あるいは災害への耐久性を考慮することも重要です。建物の見た目や機能性、耐久性を考慮した建物を建てる知識や技術が必要となります。そんなクリエイティブな仕事内容である建築士の仕事に就きたいなら、まずどんな勤務形態なのかを把握しましょう。

基本的に、建築士の勤務時間は、一般的な企業社員の勤務時間と同じ9時から18時程と言われていますが、あくまで目安です。依頼者の都合に合わせて、夕方の時間帯に建築設計の打ち合わせをすることも珍しくありません。また、土日の間に住宅相談を受け付けることもあるのです。人によっては、打ち合わせや相談で出てきた要望を、すぐ形にするために長い時間をかけて設計やデザイン作業を行ないます。正解はない作業なので、納得できるまで夜通しで作業をすることもあります。

こだわりの建物を作り出す建築士は、建物が完成した時の感動は大きいです。自身の手で手掛けた建物が形にできた時の達成感を感じられるのは勿論、依頼者からの「ありがとう」の言葉は、大きなやりがいを感じられます。大きな達成感とやりがいを感じられる仕事を求めているなら、建築士がおすすめです。